講座について

キャリア・ステーションの手話総合講座は、2001年に開講されました。これまでの手話学習でありがちだった弊害を排除し、手話を学びたい方に、「純粋に」「楽しく」学んでいただける場を提供したいと心がけています。

「手話サークル」と呼ばれる団体の一部では、手話を学ぶこと以外に、障害者団体の主張を代表し活動することがメンバーに求められるケースがあります。また自治体等が主催する「手話講座」では、講師が手話インストラクタとしての専門知識を身に付けず、自己流でレッスンを担当しているケースも多々ございます。

キャリア・ステーションではこのような心配は無用です。手話を学んでいただくことだけに集中して、教室での楽しい時間を過ごしていただけます。また専門インストラクタにより、在来の講座に比べて驚くべき短期間で手話を習得していただけます。さらに、講座カリキュラムの編成、専門講師の育成についても最新のアイデアを常に導入しています。社会人・学生・主婦の方々に学んでいただきやすいシステムが当校の自慢です。ぜひ私たちと一緒に、楽しく手話を学びませんか?

キャリア・ステーション取締役副社長 進藤 整是(しんどう まさし)

驚くほど「短期間」で「確実」に手話を習得できます。

手話の専門スクール キャリア・ステーションでは、短期間で飛躍的に力が伸ばせます。手話技能検定協会発表の「標準的な学習期間」を見ると、初心者から4級合格までは1年という短期間なのに対し、それ以上のレベル=4級合格から準2級合格までには合計5年という長期間の学習が求められています。

数年後には歴然の差が・・・専門校のカリキュラム。

当校のカリキュラムは、4級合格から準2級までの標準学習期間がわずか2年3ヶ月!専門校ならではの充実したカリキュラムと、レベルの高さがはっきりと分かります。

※「標準的な学習期間」は、手話技能検定の実施機関(NPO手話技能検定協会)が発表した基準となります。

確実な手話習得へ「2つの工夫」 クラス定員制度

各クラス定員制で授業を行っています。定員制にしている理由は、受講生一人ひとりがレッスンを受けやすい環境を作ることと、短期間での手話の習得を目指すため、レッスンを進行していきやすい人数にするためです。そのため、コースのレベルが上がるごとに定員数は、減らしています。

クラス担当スタッフ制

キャリア・ステーションでは、各クラスに担当スタッフを配置しています。 クラス担当スタッフが講師と連携してすべての受講生のレッスン状況を把握し、当校のサポートシステムを最大限にご活用いただけるようお手伝いいたします。上位クラスへの進学相談もお任せください。